読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linux Mint(Ubuntu)で CoffeeScript を使う

CoffeeScript Linux

面倒くさい人向けです。最新のバージョンを使おうとか、スキルがある人は別のやり方でやって下さい。
Linux mint 17.2 で確認しました。

コンパイルNode.js でやるので、インストールが必要です。面倒なので、バージョンが古いですが「ソフトウェアの管理」で入れました。
ただしこれだと、Node.js の実行コマンドが $ nodejs となってマズいので、

$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/node node /usr/bin/nodejs 10

を実行します。これでコマンドが node になります(ここを参考にしました)。

次に Node.js のパッケージ管理ソフトである「npm」もインストールします。これも面倒なので、同じく「ソフトウェアの管理」から入れました。これもバージョンが古い筈です。

次に CoffeeScriptコンパイラを入れます。

$ sudo npm install -g coffee-script

で OK です。


おなじみ HelloWorld はここを参考にしました。

hello = ->
    console.log("Hello World!")

hello()

を helloworld.coffee というファイル名で保存します。で、コンパイル

$ coffee -c helloworld.coffee

を実行すると、helloworld.js というファイルができるので、$ node helloworld.js で "Hello World!" が端末に表示されれば OK です。

また、-c オプションを付けずに $ coffee helloworld.coffee とやると、コンパイルされずにインタプリタで実行されます。


CoffeeScript のサイトは下です。
CoffeeScript