読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linux Mint(Ubuntu)でChromeのアップデートにエラーが出る

Linux

32 bit 版の LinuxGoogle Chrome のサポートが終わりましたが、どうもそのせいで 64 bit 版の Linux でも Chrome のアップデートにエラーが出るようになりました。世界的な発現らしく、海外でも同じだということです。

対策はこのブログ記事に載っていました。このとおり実行したところ、エラーがでなくなりました。感謝です。

一応その内容をここにも書いておきます。端末で

$ sudo sed -i -e 's/deb http/deb [arch=amd64] http/' "/etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list"
$ sudo sed -i -e 's/deb http/deb [arch=amd64] http/' "/opt/google/chrome/cron/google-chrome" 

を実行。あとは

$ sudo apt-get update

で OK です。

32 bit版 Chrome

Linux 32 bit版 Chrome はサポートされなくなりました。これもこのままだとアップデートのエラーがでるので、

$ sudo rm /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list

でエラーが解消されるかも知れません。ここの情報なのですが、こちらでは確認していないので(※追記 確認しました。これでいけます)、どうなのか何とも云えません。いずれにせよ既にセキュリティサポートも終了しているので、Firefox などに乗り換えるしかないようです。