読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linux Mint(Ubuntu)で Swift を使ってみる(その2)

swift.org

Linux でも Swift が使えるようになったので、まずは Docker を使って Linux Mint 17.2 に導入してみたのですが(参照)、Docker なんぞを使うと却って面倒なので、お手軽にやってみました。上の公式サイトに書いてあるとおりにやっただけです。正式に暗号鍵を使ってダウンロードなど面倒なので、デジタル署名は使っていません(これはいわば「お手軽」版なので、きちんとやりたい方は暗号鍵を使った方法でやって下さい)。


まず、clang 関係で必要なものを入れます。
$ sudo apt-get install clang libicu-dev

次に、公式サイトから自分の環境に合った Snapshot をダウンロードして下さい。自分はふつうに Swift 3.0 を選びました(Ubuntu 14.04)。
適当に解凍して好きな場所に置きます。僕は ~/Documents/Swift/ 以下に usr フォルダを置きました。


もうこれで使えます。インストールなど不要なので、とてもお手軽です。僕の環境なら
$ ~/Documents/Swift/usr/bin/swift
REPL(対話型実行環境)が立ち上がりますが、これでは面倒なので
$ export PATH=$HOME/Documents/Swift/usr/bin:$PATH
とかします(各自の環境に合わせて下さい)。これで単に
$ swift
で REPL を起動できます。

バージョンの確認は

$ swift --version
Swift version 3.0 (swift-3.0-RELEASE)
Target: x86_64-unknown-linux-gnu

となりました。


あとは過去記事と同じです。よろしければ参考にして下さい。


ちなみに、REPL から抜けるやり方がわからず、しばらく悩みました(笑)。結論を書くと、単に :exit です。:help でヘルプということからわかりました。はは。

REPL 実行例

$ swift
Welcome to Swift version 3.0 (swift-3.0-RELEASE). Type :help for assistance.
  1> let a = "Hello!"
a: String = "Hello!"
  2> print(a)
Hello!
  3> a.
Available completions:
	append(c: Character) -> Void
	append(contentsOf: S) -> Void
	append(other: String) -> Void
	characters: String.CharacterView
	customMirror: Mirror
	customPlaygroundQuickLook: PlaygroundQuickLook
	debugDescription: String
	description: String
	distance(from: String.Index, to: String.Index) -> String.IndexDistance
	endIndex: String.Index
	hashValue: Int
	index(after: String.Index) -> String.Index
	index(before: String.Index) -> String.Index
	index(i: String.Index, offsetBy: String.IndexDistance) -> String.Index
	index(i: String.Index, offsetBy: String.IndexDistance, limitedBy: String.Index) -> String.Index?
	insert(contentsOf: S, at: String.Index) -> Void
	insert(newElement: Character, at: String.Index) -> Void
	isEmpty: Bool
	lowercased() -> String
	remove(at: String.Index) -> Character
	removeAll() -> Void
	removeAll(keepingCapacity: Bool) -> Void
	removeSubrange(bounds: ClosedRange<String.Index>) -> Void
	removeSubrange(bounds: Range<String.Index>) -> Void
	replaceSubrange(bounds: ClosedRange<String.Index>, with: C) -> Void
	replaceSubrange(bounds: ClosedRange<String.Index>, with: String) -> Void
	replaceSubrange(bounds: Range<String.Index>, with: C) -> Void
	replaceSubrange(bounds: Range<String.Index>, with: String) -> Void
	reserveCapacity(n: Int) -> Void
	startIndex: String.Index
	unicodeScalars: String.UnicodeScalarView
	uppercased() -> String
	utf16: String.UTF16View
	utf8: String.UTF8View
	utf8CString: ContiguousArray<CChar>
	withCString(body: (UnsafePointer<Int8>) throws -> Result(UnsafePointer<Int8>) throws -> Result) -> Result
	withMutableCharacters(body: (inout String.CharacterView) -> R(inout String.CharacterView) -> R) -> R
	write(other: String) -> Void
	write(to: &Target) -> Void
  3> a.hasValue
error: repl.swift:3:1: error: value of type 'String' has no member 'hasValue'
a.hasValue
^ ~~~~~~~~


  3> a.lowercased
$R0: () -> String = 0x00007ffff7f641c0 $__lldb_expr7`rt_swift_allocObject + 16
  4> a.lowercased()
$R1: String = "hello!"
  5> :exit

注記しておくと、a. の下に長いリストが出てきているのは、じつは a. のあとに [Tab] を入力していて、使えるメソッドが列挙されています。a.re として [Tab] を押せば、re で始まるメソッドが列挙されます。

また、上下のカーソルキーも上手く使って下さい。

Documentation

文法等は The Swift Programming Language という文書(英文)にまとめられています。ePub版がダウンロードできます。

すばらしいことに、これの日本語訳が存在します。これは強い味方になるでしょう。