読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linux Mint 18(Ubuntu)で Irfan View を使う

Linux


Windows 用のフリーの画像ビューアーである「Irfan View」は、動作が軽快で使っている人も多いと思います。残念ながら Linux 版はないのですが、「Wine」を使って多少の工夫で Linux でも走らせることができます。Linux Mint 18 で確認しました。


まず、Linux に「Wine」をインストールして下さい。Linux Mint なら「ソフトウェアの管理」から入れられます。

次に、例えばここから、Irfan View 本体(32bit 版)と日本語モジュールをダウンロードします(どこからでもかまいません)。自分の落としたのは、本体が v.4.44、日本語モジュールが v.4.40.01 でした。以下、バージョンは適宜読み替えて下さい。


Irfan View 本体のファイル名は「iview444_setup.exe」などとなっています。これを Wine の cドライブの「c:/ windows/system32」へ移動させます。そして端末で

$ wine iview444_setup.exe

を実行して下さい。たぶん

err:module:import_dll Library MFC42.DLL (which is needed by L"G:\\home\\tomoki\\iview444_setup.exe") not found
err:module:LdrInitializeThunk Main exe initialization for L"G:\\home\\tomoki\\iview444_setup.exe" failed, status c0000135

というエラーが出ると思います。ライブラリ・ファイルが足りません。そのときは端末で

$ winetricks -q mfc42

を実行して下さい(winetricks が入っていなければ、$ sudo apt install winetricks でインストールする)。MFC42.DLL がインストールされればOKです。そうしたら、もう一度 $ wine iview444_setup.exe を実行してみて下さい。セットアップ・プログラムが立ち上がればOKです。


セットアップ・プログラムの設定は Windows の場合と同じです。これが終了すれば Irfan View が使えます。Wine メニューから「Irfan View 4.44」を選択・実行して下さい。


最後に日本語化します。ダウンロードした日本語モジュール irfanview_lang_japanese.exe を右クリックし、「Wine Windows プログラムローダー」を選択して実行してみて下さい。これはこれだけでOKな筈です。あとはふつうに Wine メニューから「Irfan View 4.44」を立ち上げ、[Options]メニューから[Change Language]項目を選んで設定ダイアログの“Language”画面を表示、“JAPANESE.DLL”を選択すればOKです。


これで軽快な画像ビューア「Irfan View」が Linux でも使えます。
なお、元のファイル「iview444_setup.exe」「irfanview_lang_japanese.exe」は削除してかまいません。


※参考
Use Irfanview in Linux with Wine - Technicus
[SOLVED] Irfanview in Wine