読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby の「ふしぎに気まぐれな構文」と言われるものについて

Ruby

Tiny Prolog in Ruby (Extra Lesson)

空白に注意してコードを読んでみて下さい。

irb(main):001:0> def a; 1; end
=> :a
irb(main):002:0> b = 2; c = 3
=> 3
irb(main):003:0>  a +b +c
ArgumentError: wrong number of arguments (1 for 0)
	from (irb):1:in `a'
	from (irb):3
	from /home/tomoki/.rbenv/versions/2.2.3/bin/irb:11:in `<main>'
irb(main):004:0> a + b + c 
=> 6

なるほど…。これは落とし穴だな。