Ruby/SDL でランダム・ウォーク

Ruby/SDL(参照)を使ってランダム・ウォークしてみました。Linux Mint 19、Ruby 2.5.1 で確認しました。コード。 sdl_random_walk.rb require_relative 'sdl_draw' WindowWidth = 300 FieldWidth = 50.0 N = 30 class Agent def initialize(ob) @x = @y = 0…

平方根(ルート)を計算して遊ぶライブラリを作った(Ruby)

遊びで平方根(二乗根)を扱うクラス(Root)を Ruby で書いてみました。三乗根とかそれ以上は扱えません(笑)。コードは下(Gist)にあります。 平方根の計算 · GitHub オブジェクトの生成。Integer, Rational, Float のルートが扱えます。Root.new(n) ま…

31ゲーム(Go言語)

Go

「たけしのコマ大数学科」の問題をいろいろ Ruby で解いているときに、こんな問題がありました。 問題: 1から6までのトランプ24枚を使い、2人が交互に1枚ずつ取り、2人の取ったカードの合計を先に31にした方が勝ち、というゲームをする。(31を超…

「たけしのコマ大数学科」の問題を Ruby で解く

marginalia.hatenablog.com marginalia.hatenablog.comいまこちらの記事で挑戦中です。「たけしのコマ大数学科」については Wikipedia でどうぞ。 問題例です。 10人が円卓に座って1人ずつ握手をするとき、全員の手が交差しないように握手する仕方は全部で何…

連続数字をハイフンでつなぐ(Ruby)

既に更新はされていませんが、僕はブログ「hp12c」をよく読んでいます。Ruby 好きには楽しいですね。そこで、「Rubyで連続数字をハイフンでつなぐよ」というエントリがありました。元ネタはここということです。やることは要するに、「スペース区切りの数字…

Go言語でカレンダーを出力してみた

obelisk.hatenablog.comここの Ruby 版の移植です。出力例。 $ go run calender.go 2018/10 sun mon tue wed thu fri sat 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 コード。 calender.go package main import …

自然数を n 個に分割する & 重複組み合わせ(Ruby)

def divide(x, n) result = [] return [] if n.zero? return [[0] * n] if x.zero? return [[x]] if n == 1 0.upto(x) do |i| result += divide(x - i, n - 1).map {|a| a + [i]} end result end p divide(5, 3) 結果。5 を 3つに分割している。 [[5, 0, 0],…

Go言語でスライスの要素の順列、組み合わせを与える

Go

これって組み込み関数がないのですかねえ...順列。コード。 permutation.go package main import "fmt" //スライスの 位置 i の要素を除いたスライスを返す(arを破壊しないようコピーしている) func remove(ar []int, i int) []int { tmp := make([]int, l…

1時間以内に解けなければプログラマ失格?

blog.kazuhooku.comここで次のような問題を見つけました。 1,2,…,9の数をこの順序で、”+”、”-“、またはなにもせず結果が100となるあらゆる組合せを出力するプログラムを記述せよ。例えば、1 + 2 + 34 – 5 + 67 – 8 + 9 = 100となる。 1時間以内に解けなけれ…

GTK+ とソケットを使ってチャット通信(Ruby)

Ruby/GTK2 の使い方が少しづつわかってきたので、ソケットを使ってチャット通信ソフトを作ってみました。上の例では Linux Mint 18.3 と Ubuntu Budgie を使って実行しています。まずはサーバ側を立ち上げます。これはふつうに $ ruby oshaberi.rb と実行す…

Gem 'oekaki' のリファレンスを作る

http://obelisk704.web.fc2.com/ruby/oekaki_document.html いまさらながら Gem 'oekaki' のリファレンスを書いたので、よろしければ使って下さい。

Ruby/SDL でテトリス

いやこれ、僕が作ったのではないのですよ。Gem 'rubysdl' のサンプルとして付属していたものを、多少改変しただけですが、きれいなコードで勉強になったのでここにメモしておきます。コードは Gist に上げておきました。 Ruby/SDL でテトリス · GitHub あと…

ランダムかつ重複しないように文字列を生成する(Ruby)

あることのために必要だったので、複数の文字列をランダムかつ重複しないように生成するメソッドを書いてみました。こんな感じです。 $ irb irb(main):001:0> require_relative "generate_random_strings" => true irb(main):002:0> Utils.generate_random_s…

Ruby/Rouge でコードをシンタックスハイライトした HTML と CSS を出力させる

Ruby コードを HTML化して、ついでにシンタックスハイライトもできるようにできないか、やってみました。 画像だとこんな感じです。全体はこういう風です。RubyGem 'rouge' というものを使いました。インストールはふつうに $ gem install rouge とかBundler…

円落下の JavaScript 版

obelisk.hatenablog.comここの JavaScript 版です。ボタンをクリックしてみて下さい。 function circleFall(width, height) { var w = window.open("", null, "width=" + width + ",height=" + height); w.focus(); w.document.open(); var st = ` Canvas `;…

Ruby で関数型プログラミングっぽく(コピペ) + Haskell 版

parrot.hatenadiary.jpここのブログ記事を読んで感銘を受けました。だからこれを読んでもらえればよいのですが、せっかくなのでコピペしておきます。元記事に感謝です。まずは問題。 ある数字にそれを逆に並べた数字を足すという計算を、 回文数(上から読ん…

Ruby/SDL を使ってみる

これまで Ruby で画面に線を引いたり円を描いたりするのに、自作の Gem 'oekaki' を使ってきましたが、その中では Gem 'gtk2' を使っていて、たかがお絵かきに GTK+ を使うのは大袈裟すぎるようにも思われたので、Ruby/SDL を使ってみることにしました。Linu…

交差せずに一筆書き(Ruby)

問題: 長方形状に横 5 個、縦 4 個の格子点が全部で 20個、等間隔に並んでいます。このすべての格子点を一筆書き(交差してはならない)で辿るとすると、その辿り方は全部で何とおりあるでしょうか。 ただし進む方向は上下左右のみで、また始点と終点が反対…

Ruby でファイル転送(改良版)

obelisk.hatenablog.comローカルエリア内に PC が散らばっているので以前ファイル転送のコマンドを作ったのですが、1つのファイルしか転送できないとか、バイナリファイルは転送できないなど使いにくいところがあったので、それらに対応してみました。本当は…

Ruby で簡単なレイトレーシング(メモ)

Rubyでレイトレーシングした - yhara.jp 上の画像はここの ray5.rb を実行したもの。なおこれは ppm 画像ファイルのデータを出力するコードであり、 $ ruby ray5.rb > rayimg.ppmみたいに実行するとよい。ppm 形式については http://ruby.kyoto-wu.ac.jp/~ko…

μSchemeR の Ruby による実装を読む(その4 - 再帰、純粋関数型言語の完成)

まずは if文を実装しましょう。書き方はこんな感じ。 [:if, [:>, 3, 2], 1, 0] まずは従来のメソッドを書き直します。(あとで :letrec も実装するので、それも書き加えています。) def special_form?(exp) lambda?(exp) or let?(exp) or letrec?(exp) or i…

Ruby/GTK+ でちょっと考えた

以前に Ruby の GUI で、ここの Ruby/Tk でやろうとしていることを Green Shoesでやろうとしてみた。 obelisk.hatenablog.com でもそれは元記事の意図とはちがっていて、「ボタンを押した時に、多重入れ子構造で内側に配置したウィジェットから外側に定義し…

μSchemeR の Ruby による実装を読む(その3 - クロージャ)

:lambda にクロージャを実装する前に、let文を実装します。 [:let, [[:x, 3], [:y, 2]], [:+, :x, :y]] は [[:lambda, [:x, :y], [:+, :x, :y]], 3, 2] と同等です。実装。単純です。:lambda に変換しているだけです。 def eval_let(exp, env) parameters, a…

μSchemeR の Ruby による実装を読む(その2 - 無名関数)

簡単な演算ができるようになったので、次に無名関数を実装してみます。具体的には、 [[:lambda, [:x, :y], [:+, :x, :y]], 3, 2] というような関数を評価することを考えます。これは Ruby でなら lambda do |x, y| x + y end.call(3, 2) みたいなものですね…

μSchemeR の Ruby による実装を読む(その1 - 簡単な演算)

つくって学ぶプログラミング言語 RubyによるScheme処理系の実装【電子書籍】渡辺昌寛達人出版会発行日: 2013-04-15対応フォーマット: PDF, EPUB詳細を見る言語処理系のお勉強をしようと思って調べてみたところ、上の文書を見つけました。Ruby で Scheme の一…

数字のループ(Ruby)

何となくやってみました。 $ pry [1] pry(main)> 5.times {|i| puts i} 0 1 2 3 4 => 5 [2] pry(main)> (1..5).each {|i| puts i} 1 2 3 4 5 => 1..5 [3] pry(main)> 1.upto(5) {|i| puts i} 1 2 3 4 5 => 1 [4] pry(main)> for i in 1..5 [4] pry(main)* pu…

OpenGL で 3D迷路(Ruby)

以前、平面の迷路の中を歩いてみるようなプログラムを作りましたが(参照)、今回は迷路も立体にしてみました。検索するとよくある、平面の迷路を立体視した「3D迷路」ではなく、迷路そのものが立体なのです。3D迷路を歩くとでも申しましょうか。デフォルト…

『Ruby でつくる Ruby』を読む

このところ Rails 本以外の Ruby 本があまり出ないので、Rubyist としてはつまらないところもあるのですが、出る本は『プロを目指す人のための Ruby 入門』(このブログでの感想)などのように、いい本があります。本書は Ruby コミッターでもある通称「まめ…

GTK+ で落書き 17(Ruby)

アニメーションです。ランダムに次々と長方形で塗りつぶしていきます。単純だけれど、なかなかポップだと思うのですが。 自作の RubyGem 'oekaki' を使っています。Ruby コードは以下。 oekaki_sample21.rb require 'oekaki' Width, Height = 500, 500 Oekak…

無題

言語そのものはそうなのだけど、gem名がチャラい。いやチャラいことそのものはいいんだけど「これしたい」の「これ」でぐぐっても引っかからない。nokogiri って文字列を見てそれが何するか初見でわかる? https://t.co/57RYrCz7Qi— Dan Kogai (@dankogai) 20…